予防と合併症|辛い症状が起こるノロウイルスの怖さ|普段から気を付けるのが大事
女の人

辛い症状が起こるノロウイルスの怖さ|普段から気を付けるのが大事

予防と合併症

婦人

徹底した予防と環境

インフルエンザは、咳やくしゃみをすることによりインフルエンザウイルスが飛散し、それを吸い込むことで感染します。特に、高齢者や小児は重症化しやすくインフルエンザ予防接種を受けるなど適切な予防と対策が必要と言われています。日本では、11月から3月頃に流行する傾向があるので、流行前に予防接種を受けることで、重症化予防や発病予防が期待できます。その他の対策としては、マスクを着用してうがい手洗いを徹底することやアルコール製剤による手指の消毒などが有効な対策です。また、室内の乾燥を防ぐために加湿器などで適度な湿度を保ち、栄養バランスの良い食事を心掛けることも大切な対策です。できるだけ人混みを避けて、感染しない生活や環境を作ることも必要です。

症状と注意したい合併症

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することで発症し、普通の風邪に比べて全身症状が強く、重症化しやすい特徴があります。 インフルエンザの症状は、関節や筋肉の痛みや高熱、頭痛などの全身症状が突然みられます。また、咳や鼻水、喉の痛みなど普通の風邪と同様の症状もみられますが、倦怠感が強く合併症を発症する可能性があるので注意が必要です。小児に多くみられるインフルエンザ脳症は、意識障害やけいれんなどが現れ、重症化すると命にかかわる重い病気です。二次性細菌性肺炎は、抵抗力が弱くなった高齢者に多い病気で、細菌に感染し肺炎を発症します。また、中耳炎や気管支炎など早期に治療が必要な合併症が多く、インフルエンザはとても注意が必要な病気です。