食中毒の原因にも|辛い症状が起こるノロウイルスの怖さ|普段から気を付けるのが大事
女の人

辛い症状が起こるノロウイルスの怖さ|普段から気を付けるのが大事

食中毒の原因にも

サージカルマスク

手洗いが基本

食中毒というと食べ物が傷みやすい夏場に起こるものと思われていますが、冬場に多く発生する食中毒もあります。それがノロウイルスを原因とする食中毒です。感染性胃腸炎の原因となるノロウイルスは非常に感染力が強いウイルスであり、子供などの間で集団感染する恐れがあるウイルスです。このノロウイルスによる集団感染を予防する手段としてもっとも手軽で効果的なのが手洗いです。口か体内に入り込むノロウイルスを予防するには、食べ物にウイルスが付着しないように徹底した手洗いがとても有効なのです。通常の細菌と比べてもとても小さなウイルスであるため、次亜塩素酸水で爪の奥まで念入りに手洗いすることでより高い予防効果を得ることが出来ます。

嘔吐や下痢などの症状が

食中毒の原因は様々ですが、冬場に多く発生して集団感染の恐れもあるのがノロウイルスです。潜伏期間が最短で一日程度ととても短いのが特徴であり、発症すると激しい嘔吐や下痢といった症状が現れます。初期症状としては微熱が出たり軽い腹痛や不快感を感じることもあります。免疫力が正常に働いている健康な大人であれば数日で自然と治癒しますが、子供や高齢者など大人と比べて免疫力が低い人が感染すると症状が長引いてしまったり重くなってしまったりすることもあります。嘔吐した吐瀉物から感染することも多く、アルコール消毒も効果が無いので消毒する際には次亜塩素酸水を使用する必要があります。予防するにはしっかりと手洗いを行い、感染源となる二枚貝を食べる場合には十分に加熱を行う必要があります。