男の人

辛い症状が起こるノロウイルスの怖さ|普段から気を付けるのが大事

予防と合併症

婦人

インフルエンザに感染しないためには、予防接種やうがい手洗い、マスクの着用など感染しないための予防と対策が必要です。 インフルエンザは重症化しやすく、合併症を発症することもあるので、健康管理や環境などに注意することも大切です。

詳しく読む

寒くなる季節は要注意

男の人

感染すると

ノロウイルスに感染すると、おう吐や下痢、発熱の症状が現れます。抑えようのない吐き気に襲われ、おう吐が終わると下痢の症状へと移行していきます。発熱のタイミングは人それぞれですが、おう吐や下痢の症状が重いので、比較的高い熱がでても、熱での辛さはそれほど感じません。それだけ辛いおう吐と下痢の症状が出ます。ノロウイルスの特効薬はなく、体内からウイルスを出すことでしか治癒しません。ですから、大変つらいおう吐と下痢を止めることはできません。おう吐と下痢でノロウイルスを体外へ出し切らなければならないからです。しかしながら、発熱に対しては解熱剤を使用することができますから、まずは病院を受診することをおすすめします。

予防と対策

ノロウイルスの感染を予防するには、手洗いうがいをするしかありません。どこでウイルスがあるかわかりませんから、外から帰宅した時には必ず手洗いうがいをしましょう。また、近くに感染者がいる場合には、吐しゃ物は排泄物には絶対に素手では触らないようにしましょう。手袋をはめ、処理後は必ず石鹸で手を洗ってください。また、服や床・壁などに、吐しゃ物や排泄物がついてしまった場合には、塩素系の消毒液で、しっかりと消毒してください。服は塩素系漂白剤につけこむことをおすすめしますが、塩素系漂白剤につけこむと色落ちしてしまうことがあるので、煮沸消毒でもかまいません。手洗いうがいや、排泄物の消毒など、手間に感じることもあるかもしれませんが、ノロウイルスの感染を防ぐには、これらの予防法を徹底して行うしかありません。

食中毒の原因にも

サージカルマスク

子供などの間で集団感染しやすいノロウイルスは、手洗いがもっとも手軽で効果的な予防方法となっています。ノロウイルスは潜伏期間が最短で一日程度と短く、激しい嘔吐や下痢といった症状が現れる感染力の強いウイルスです。大人であれば自然に治癒しますが、子供や高齢者が感染すると症状が重くなることもあります。

詳しく読む

お肌保護の定番

クリーム

刺激物をほとんど含まず、角質内へも染み込まず、表面で皮膚を守る白色ワセリンは、赤ちゃんから高齢者まですべての人が安心して使うことが出来ます。スキンケアのために生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

詳しく読む